World Mountain & Trail Running Championships 2021(トレイル&マウンテンランニング世界選手権2021)延期について

8月13日、『WA(世界陸連)、ITRA(国際トレイルランニング協会)、WMRA(世界マウンテンランニング協会)、IAU(国際ウルトラランナーズ協会)』の4団体は、2021年の11月に予定されていた「World Mountain & Trail Running Championships 2021(トレイル&マウンテンランニング世界選手権2021)」の延期を発表した。開催国で新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受けていることに対応したことによるものです。

世界世界選手権は、2021年11月11日から14日にタイのチェンマイで開催される予定だったが、現在の不確実な状況を考慮して延期とする決定がされました。

大会は気候条件が類似している2022年2月10日から13日に延期される予定です。ただし今後数か月のCOVID-19の感染状況の分析を続け、2022年2月も実行不可能であると判断される場合は、2022年11月に再延期されます。

なお2022年11月までの再延期は、2021年10月末まで決定されます。

すでに発表している日本代表選手は2022年2月または11月に開催の場合でも変更はありません。