【2024アジア太平洋選手権】代表選手の選出について

 一般財団法人日本トレイルランニング協会(トレランJAPAN)は、日本代表選考委員会を開催し、2024年10月に初めて開催されるアジア太平洋選手権に向けて、日本代表を2種目で計20名を選出することを決定しました。

© UTNP (Ulju Trail Nine Peaks)

代表選手の選出については、大会側が指定した基準に則り抽出された選手から、選考委員会が編成方針に沿って総合的な判断により選考されます。日本代表に選ばれるための条件として、大会開催までにトレランJAPANの2024競技者登録が必要不可欠です。また、日本国籍を有していることが求められます。

日本代表選手選出の詳細については、PDFファイルをダウンロードし、内容を確認する必要があります。

2024アジア太平洋選手権は、2024年10月23日から27日までの期間、韓国で開催される予定となっています。トレイルランニングの日本代表選手が選り抜かれ、この国際大会に出場することになります。

© UTNP (Ulju Trail Nine Peaks)

国際女性デー:トレイルランニングにおける女性の参加

ITRAは、女性の平等を推進するSheRACESプロトレイルランナー協会の作業部会と連携し、トレイルランニングにおける女性参加者の増加に向けて、国際女性デーとなる3月8日に提言がおこなわれました。

© Jordan Manoukian

トレイルランニングと女性参加者

この中ではトレイルランニングにおける女性ランナーの参加促進が課題となっています。ほとんどのトレイルレース、特に長距離種目のスタートライン立つ女性ランナーは少数派となっています。

2023年の統計では、世界のトレイルレース出場者に占める女性の割合は28%にすぎません。10km以下の短距離では42%でしたが、50kmで23%、100km超の長距離レースでは15%と低下しています。

この素晴らしいスポーツに女性が十分参加できていない状況は、大会主催者側も多くの出場者を逃している要因にもなっています。

そこでITRAは、女性を積極的に受け入れるためのガイドラインを策定し、すべての公認レース主催団体と共有をおこないました。SheRACESと協力して作成されたこのガイドラインでは、女性にとってより魅力的な大会運営の在り方が提示されています。

SheRACESガイドライン[英語版]

女性トレイルランナーの参加促進に向けた取り組み

トレイルランニングは自然の中で行われる競技です。その歴史は男性中心でしたが、女性にも気兼ねなく参加できる環境を整備することが重要となります。主催者には、女性のニーズに合わせた企画、女性の視点を伝える広報、居心地の良い会場作りなどが求められます。

日本トレイルランニング協会としても、ガイドラインの内容を精査し、女性ランナーが気軽に楽しめる大会を主催者側に目指していただけるよう、ガイドラインの作成に取り組んでいく所存です。

出典:ITRAオフィシャルサイト https://itra.run/News/Article?id=fd08b3e2-280e-4956-8a9a-d553d5aff556

国際女性デー( International Women’s Day):女性の地位向上、女性差別の払拭等を目指す国際的な連帯と統一行動の日。毎年3月8日にあり、国際デーに制定されている。

2025年開催マウンテン&トレイルランニング世界選手権への代表選手派遣について

一般財団法人日本トレイルランニング協会(以下 トレランJAPAN)では、2025年に開催されるマウンテン&トレイルランニング世界選手権への日本代表選手派遣について、以下のように決定いたしました。

本大会への派遣元は、トレランJAPANとなります。選手の皆様には、原則として遠征費用をご自身でご負担いただく形となりますが、トレランJAPANとしても選手の皆様の負担を少しでも軽減できるよう、大会に向けたさまざまな事業を実施して参ります。

具体的には、2024年度よりスポンサーの獲得や応援グッズの販売などを予定しており、ファンの皆様の温かいご支援を賜れば幸いです。

選手の皆様には大変なご負担をおかけすることとなり恐縮ではございますが、世界の頂点を目指す強豪選手として輝かしい成績を収められることを心より願っております。

今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。