協会について

トレランJAPANの理念について

私たち、一般財団法人日本トレイルランニング協会(呼称:トレランJAPAN)は、トレイルランニングやマウンテンランニングなどの山岳スポーツに関わる全ての人々に、その強い価値、多様性、人々の安全性、ランナーの健康を促進するとともに、トレイルランニングの発展とこのスポーツへの関心を高めるとともに、国内及び国際機関との連携を確保していきます。

トレランJAPANNは、 主に次のようなことを目的とし、その目的を達成するための事業を行う。

  • トレイルランニング等に関する普及振興事業
  • トレイルランニング等に関する講習会、研究会、講演会等の開催
  • トレイルランニング等に関する競技会の開催及び運営
  • トレイルランニング等に関する審判員及び指導者の養成に関する資格認定カリキュラムの作成事業
  • トレイルランニング等に関する関係団体との連絡調整事業
  • トレイルランニング等に関する機関紙及び刊行物の発行
  • トレイルランニング等に係わる自然保護活動
  • これらに掲げる事業に附帯又は関連する事業
トレランJAPAN
Copyright © 2020 Japan Trailrunning Association,All rights reserved.

設立趣旨

近年のトレイルランニング競技の盛り上がりはめざましいものがありますが、中央団体が不在のため、用語や規則などが統一されないがため混乱が生じつつあります。

将来にわたりトレイルランニングを発展させていくためには共通のフォーマットの整備と、運営役員、審判の養成が必要とされています。

また事故防止の啓発と選手の強化も課題とされています。

一般財団法人日本トレイルランニング協会は、公益財団法人日本山岳スポーツクライミング協会の競技部をはじめとした各団体からの協力・賛同を得て設立されました。

杉本憲昭会長

このスポーツの普及振興として、大会等の主幹や開催、公認コーチ(指導者)及び公認審判の養成と資格認定、競技規則などのルール制定、山岳自然環境の保護活動の推進、国際競技会への選手派遣、啓発及び指導と国際交流などを行っております。

これらの活動を中心として、トレイルランニングやマウンテンランニングなどの山岳スポーツのより一層の発展、競技者、主催者の利便性向上を図っていきたいと考えています。

日本トレイルランニング協会定款(PDF)