2021年世界選手権開催地決定

ITRAは12月23日に発表した、2021年に史上初のWA、ITRA、WMA、IAUの4団体による、ワールドマウンテン&トレイルランニングチャンピオンシップの正式名称を

「2021年アメイジング・タイランド ワールドマウンテン&トレイルランニング選手権大会」
“2021 Amazing Thailand World Mountain & Trail Running Championships”

となることを合わせて発表した。

本大会は、これまでのWMRAとIAU/ITRAが主催する世界選手権に代わり、マウンテンランニングとトレイルランニングのトップランナーを集め、同じフィールドで競い合う機会を提供することを目的とした世界大会です。

これは、アスリート、スポーツブランド、陸上競技連盟、メディア、このスポーツのファンに、この急速に成長するカテゴリーを世界に認識される象徴的なイベントととして提供することを目的とした、エキサイティングなものです。

タイの観光・スポーツ大臣は、「観光・スポーツ省の下にあるタイ政府観光局が、マウンテンランニング&トレイル選手権の第1回大会を支援し、参加する用意ができていることをうれしく思う」と述べた。
「チェンマイの素晴らしさと山岳・トレイルレースを紹介する特別なイベントとして、世界各国のアスリートをお迎えすることを楽しみにしております」

タイ政府観光局 (TAT) 副知事は「私たちは、素晴らしいタイをこのイベントの名前として使用します。アメイジング・タイは、常に我が国の主要なスポーツ・イベントと関連付けられてきました。私たちはWMTRC 2021の一員であることを誇りに思い、この世界クラスのイベントが何千人もの競技者や家族を引きつけることを願っています。なぜなら、このイベントは笑顔の国タイで最も忘れられないものになると信じているからです」

この発表を歓迎し、WMRA、IAU、ITRAの各会長は、「初めてのマウンテンランニング・トレイル合同世界選手権を発表し、2020年という困難な年を終えることができ、うれしく思います。チェンマイは、質の高いオフステージのランニングイベントを主催しているという評判が高まっており、最高のランナーが競い合うための優れたコースを提供すると確信しています。ワールド・アスレチックスと協力して、マウンテン・トレイル・レースがより多くの人々がパフォーマンスを発揮できるようにする上で重要な役割を果たすことを期待しています」という共同声明を発表した。

世界陸上競技連盟のセバスチャン・コー会長は、「この発表は、あらゆる形態のランニングを促進するという野望を共有する4つの組織の共通の関心と協力の拡大を反映しています。我々の緊密な結びつきは、多様性が多様な環境で競争する機会を増やし、山やトレイルランによって提供される壮大な自然環境であろうと、より挑戦的なイベントであろうと、さまざまな課題に取り組む機会を増やします。この多様性と多様な可能性は、山岳やトレイルの壮大な自然環境は、ランニングの大きな魅力の一つであり、私たちはあらゆるタイプのランナーに、私たちのスポーツが提供できるすべてのものを探求することを奨励しています」と語った。

出典 ITRAホームページより