【2023世界選手権】今年の代表選考大会を発表

 3月28日に一般財団法人日本トレイルランニング協会(トレランJAPAN)は、日本代表選考委員会を開き、2023年に開催予定の世界選手権に向けた国内で行う指定選考競技会として4カテゴリー8大会を指定することを決定した。

これらは今年の5月から12月に国内で開催されるもので、詳しい要綱は後日、日本陸連より発表される予定。

選考競技会で優秀な成績を残した選手から選考委員会が編成方針に沿って総合的な判断により選考することを確認した。※選考対象となるためには参加する大会が開催されるまでにトレランJAPANの2022競技者登録が必要です。

2022年タイ大会には男子7名、女子3名の計10名の選手の派遣が予定されているが、次回もチームJAPANが活躍し同程度の選手が派遣されることに期待したい。

2023年に開催予定のWorld Mountain and Trail Running Championshipsは2023年6月15日以前または2023年9月15日以降に開催される見込みです。

■指定選考競技会(予定) 

1)クラシックアップ&ダウンヒルレース

戸隠マウンテントレイル(2022/06 長野)

富士山麓トレイルラン (2022/10 山梨) 

2)クラッシックアップヒルレース

検討中

3)ショートトレイル

FAIRY TRAIL びわ湖高島トレイルランニング in くつき(2022/6 滋賀)

霧島えびの高原エクストリームトレイル(2022/7 宮崎) 

4)ロングトレイル

比叡山国際トレイルラン(2022/5 滋賀) 

日本山岳耐久レース (2022/10 東京) 

IZU TRAIL Journey (2022/12 静岡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。